住まい給付金を利用してマイホームを手に入れよう

住まい給付金というのは、消費税増税に合わせて創設された補助金制度のことです。

住まい給付金を利用してマイホームを手に入れよう

住まい給付金を利用してマイホームを手に入れよう 住まい給付金というのは、消費税増税に合わせて創設された補助金制度のことです。消費税増税時でも住宅の購買意欲が衰えないようにするためのもので、消費税が8%のときには最大で30万円、消費税が10%のときには最大で50万円が支給されます。非常に大きな金額であって、これで消費税分が相殺可能です。消費税増税前に比べてもお得に不動産を取得できる可能性があります。消費税がアップして不動産が売れなくなると、日本は不況に陥ってしまいます。そうした事態を防止するための制度であって、条件を満たせば誰でも利用できる点は知っておきましょう。

申請をしなければ、住まい給付金を受け取ることはできません。不動産の購入者が自身で手続きすることもできますが、不動産業者が手続きを代行することも認められています。申請期限は、住宅の引き渡しを受けてから一年間なので、すでに不動産を購入してしまったという人でも利用できます。申請自体は割と簡単なので、忘れずに行っておくのがいいでしょう。ただ、年収額があまりにも大きい場合は条件外になる点には注意が必要です。あくまでも一般的な所得層に向けての補助金制度であることをあらかじめ留意しておくべきです。

ピックアップ

Copyright (C)2019住まい給付金を利用してマイホームを手に入れよう.All rights reserved.